[2.0]ブロガー真田孔明は「5,000万円賞金首」・・・汗

Pocket
LINEで送る

これは表の投稿では書けない、
裏の話・・・。なので、
「平城式メンバー」だけの情報。

今年になって判明したことであるが、
2011年時点で僕は、
ワンピースの世界政府ならぬ、
実世界の日本の中枢「鷹」から、
「5,000万円の賞金首」が
かけられていたとのこと。

理由は単純明快で、
・日本国の批判
・日本政府の批判
・日本政治家の批判
・国民への国外脱出促す

・・・以上を、
メルマガ・ブログを通して
毎日のように
しつこく書き続けていたからである。

日本の中枢には、
ブログやメルマガの内容を
管理する専門家たちがいて。

以上にまつわることを
書き続けると、
「裏側の手」などによって、
指導が入るしくみになっている。

特に見られているのが、
「まぐまぐ!」や「アメブロ」などの、
上場企業が運営している
配信スタンドでの投稿。

特に僕は、
しつこくしつこく、
長文でしつこく、
中途半端に説得力のある
根拠的なものと共に、
毎日のように日本批判を
送り続けていた。。
ということで、
問題に挙がってしまったようだ。

海外から情報発信する、
なぞの人物ということで、
居所も素性もなぞということで、
「裏側の手」向けに、
「賞金首」がかかり。

さらに、
見つけられないということで、
「5,000万円の賞金首」がついたようだ。

そこで動いたのが、
「あの御方」。。。

「鷹」の秘書たちの
協力も得て、
居場所を探し出したようだ。

すぐに見つけ出せたので、

「専門家は何をやってるんだ?」
と思ったようだ。

そして、
僕がジョホールバルに来られた、
「あの御方」から、
呼び出しを食らったのが、
2011年上旬である。

当時あの御方に、
僕のいどころを明かした人物と
先週飲むに至ったが、

終始
「真田孔明はどこにいるのか?
実在している人物か?
会えるのか?
住所は?」

・・・と
僕のことに関する
質問一点張りで、
「何者だ?何しにこられたのか?
この人?」
・・・と思ったと、
「あの御方」の目の前で、
お話されていた。

しかし、
僕は当時、背景を
よく分かっていなかったのだが。。

以後も、
それでもしつこく
「批判」を書き続けていたこともあり。
(オートステップメール??)

2012年夏、
再び厳しい指導が入った。

が、僕はその時、
再び指導目的で、
ジョホールバルに訪れた、
「あの御方」に高級ワイン3本差し出し、
飲み会と発展。

逆に「あの御方」が
40年以上かけて培った、
ノウハウを伝授頂いた。

「そんな間違った情報(国にとって)を
流し続けなくとも、
もっと良いやり方はいくらでもあるだろう。」

・・・ということで。

僕も以降は、
「なるほど、日本が一番ですね!」
と素直に思えるようになった。

あのまま、
(国にとって)間違った
情報を発信し続けていたら、
本当にヤバイことになっていたようだ。

後から、全貌・背景をお伺いして、
震え上がってしまう。。。

日本国民である限り、
どんな人間でも、

・警察
・許認可
・税務署
の3本の指で挟まれたら、
必ず100%捕獲できるとのこと。

もしくは、
それに該当しない国外の場合は、
「裏の手」によって。。。

あの御方:
「日本というのは
フィリピンなんかよりも
怖いのだよ!」

・・・と意味深な言葉も。

・・・ということで、
ブロガーとして、
自分がどんなに正しいと思っても、

・日本国の批判
・日本政府の批判
・日本政治家の批判
・国民への国外脱出促す

・・・に該当することは、
絶対に発信をしないように!!

ちなみに、
未だに僕の媒体は、
監視されているようで、

たとえば、
「地下ソサエティ」って、
「フリーメーソンのようなものでしょう?」

だったら、
慈善活動しないとならないでしょう?

「ボランティア」活動しなさい。

・・・まで、
指導を頂戴している。。

「世のため!人のため!自分のため!」

「清く正しく美しい」ブロガー活動を!

追伸

ちなみに、
有名なブロガー?というか
情報起業家◯氏なども、
以前「鷹」からの指導で三本の指で
挟まれている。

海外に出た後も、
「指導」が入っているようだ。

「資金源」なども、
詳しく調査されている。。。

稼いだ?
何が嘘で、何がホントで・・・
まで全部赤裸々にされている。

「情報統制」は、
決して共産党の中国だけではないのだ。

質問・コメントはこちらから

平城式2.0の方